前の画面へ
地上展#2の記録
ON THE GROUND #2 
記念写真とスナップ写真
■画像の閲覧はこちらをクリックしてください
開催前と開催中にホームページ上で行っていた広報
■地上展#2
 テーマ「写真・ヒトを撮る」
 主催:美術団体・ペガサスアートフォーラム

 協力:ギャラリーFLOOR2

 概要:ペガサスアートフォーラムの写真部門メンバーによる展示。
     メインテーマ「ヒトを撮る」

 期日:1999年5月26日(水)〜6月7日(月) 12:00-21:00
     火曜休、最終日20:30

 場所:Galerie de cafe 「伝」二階 「ギャラリーFLOOR2」
     (左の写真)

 住所:東京都世田谷区経堂5-29-20 Tel 03-3706-7127

 地図:こちらをクリックするとマップが表示されます。

 感想がありましたら掲示板に書きこんでいただければ幸いです。
 
出展者
  • 阪井 三智江 (埼玉)
    オンラインギャラリーでは故あって公開できない秘蔵作を公開予定。テーマは「Fake」
    額まで手造り。なぜ秘蔵なのかは会場に来なければ解らない。

  • 浅岡 忍 (神奈川)
    モノクロB1パネルの作品を3〜4点展示予定。
    人体そのものに着目した、シンプルかつ深い作品。

  • 渡邉 信行 (埼玉)
    熱昇華プリンタ利用によるモノクロ出力を実験展示予定。
    テーマは「ストリートスナップ」

  • 藤澤 真司 (京都)
    アジアにこだわり続ける作家
    日本、台湾、香港、マカオそれぞれの屋台、露店の写真を展示予定。
    カラー8点で構成

  写真はGalerie de cafe 「伝」入口。
インディーズと言われる前からインディーズ色の強いギャラリー。このギャラリーからは多くの新人が輩出しています。 間口はそう広くありませんので行き過ぎないように注意してください。隣がお寿司屋さんです。一階が喫茶店になっており、急階段を登った二階が今回の展示会場です。いわゆるロフトです。広くはないのですが、独特の木質系な室内空間です。それ故、銀座あたりのギャラリーに出かける感覚で来場すると、かなりズレがあるかも知れません。

  交通機関はJR新宿駅から小田急線に乗り換えると便利です。営団地下鉄千代田線の代々木上原駅からも小田急線に接続します。最寄駅は「経堂」です。準急は停車します。(時々停車しない準急もあります。)急行は停車しません。下北沢から各駅停車に乗り換えるか、最初から準急、または、各停に乗ると良いでしょう。
 やや交通の便が悪いのですが、皆様の御来場を心よりお待ちしています。

 今回の展示の特徴は、写真、ヒトにテーマを絞った以外、故意に全体テーマを設定していない事にあります。
 展示の他に、実験的な試みとして「デジタル印刷物」を、ほとんど原価に近い価格で開催期間中に頒布します。一枚数百円程度での頒布を予定。
 頒布品は、今回出展の作家から出展作の他にデジタル出力になじむ傑作を各三点づつ提供して貰いました。風景などの作品もあります。オリジナル作品としてのクオリティはありませんが、額に入れて飾れる程度のクオリティはあります。
 オンデマンド型頒布(会期中に必要枚数だけ一枚単位で増刷する方式)なので、コストを極めて低くする事ができました。「アートを気軽に飾ろう」は、このフォーラムのポリシーのひとつであり、今回はその試行です。ストック量には注意しますが、売切れの場合は御容赦ください。
 その他、藤澤さんが「電子ブック(FD、CD)」の頒布を予定しています。作品自体の頒布は、行っている作家と非買の作家がいますので会場で確認してください。
開催中にホームページとディリ-に連動させた速報
地上展#2速報
6月3日(木)
 阪井さん関連の来場が多くありました。
 6月4,5,6日は藤澤さんが京都から東京に来る為、
 その関係者(FPHOTO)の皆様の来場が予想されます。
 4日は19:00頃から神田でFPHOTO歓迎会だそうです。
6月2日(水)
 メンバーの佐々木久見子さん、千種屋ギャラリー林さん来場
 FPHOTO(Nifty写真フォーラム)関係者来場
 一般の皆様、作家関連の来場も多くありました。
5月31日(月)
 このフォーラムとご縁のある作家、伊藤恵さん、小出ナオキさん来場
 ギャラリー親(ちか)、ギャラリーf分の1オーナー来場。
 一般の皆様、作家関連の来場も多くありました。
 御来場、頒布品のお求め誠にありがとうございました。
5月30日(日)
 作家関係者の入場多数。
 ギャラリー関係者、フォーラム関係者の入場は少なめ。
 阪井さんの所属する写真趣味グループPAF関連者の来場多数。
 PAFの皆様、御来場誠にありがとうございました。
5月29日(土)
 作家関係者の入場多数。
 ギャラリー関係者、地元関係者の入場は少なめ。
 6月4,5,6日は作家関係者で多くの入場が予想されます。
5月26日(水) 19:30−21:00
 gomaギャラリーのオーナー氏が
 スイス人グラフィックデザイナーと共に来場されました。
5月26日(水) 12:00−14:00
 初の来場者はプロ写真家の「窪田 勇」様でした。
 自分のホームページもお持ちとのことでした。>
 この時間帯では、他に1〜2名の来場がありました。
5月25日(火)
 展示準備が完了しました(写真・上)
 手前味噌で恐縮ですが、自信を持って世に出せる構成になったと思います。
 仲良しグループの持ち寄りでもなく、既成会派の序列的な展示でもない、
 インターネットでつながるメンバーの、新しく、不思議な調和を体感出来る事と思います。
 いよいよ明日26日から開催。会場でお待ちしています。
統計データ
記帳者総数:78名
推定総入場者数:約120名

前の画面へ